若年性更年期障害の原因と治療方法について

若年性更年期障害は、大きく3つの経過があります。

1つ目は、 (早期)閉経後、更年期障害の症状が出る場合と、2つめは、若年性更年期障害の症状が出た後に、(早期)閉経してしまう場合、そして最後に3つ目が若年性更年期障害の症状が出た後に、病気と月経が改善する場合です。

若年性更年期障害は早期閉経と密接な関係があり、 できるだけ早く医師の診断を受け、同時に日頃の不規則で乱れた生活の改良にも努めるようにしましょう。

若年性更年期障害の原因とは

現代では、男女平等が謳われ、女性も男性と同等に仕事をこなし、休日出勤や、残業など、精神的にも肉体的にもストレスがすごくなってきました。

また、現代生活の状況が、大きなストレスを惹起するそうです。

女性の体は繊細です。女性ホルモンの分泌は、卵巣のみではなく、脳との関係が強いです。

脳の視床下部から脳下垂体に指令が届き、卵巣を刺激するホルモンが分泌されるからです。

視床下部は自律神経の中枢です。

ストレスがあると、自律神経の作用が崩れ、ホルモンバランスも不安定になり、多種多様な症状が惹起します。

自律神経失調症も更年期障害も同様で、その原因は、エストロゲン、つまり女性ホルモンの欠乏や不足があるかどうかが、大差だと思います。

また、過度のダイエットや不規則な食生活も深刻な問題です。とかく体が栄養不良状況に陥りメンスが停止します。

これを、体重減少性無月経と言います。また、きついスポーツもメンスがストップする起こりとなります。

若年性更年期障害の治療方法

無月経は、長期間ほったらかすと、治療をしても回復しなくなることがあるので、早期治療が肝心です。

まず、重要なことは早発閉経なのか、卵巣の劣化やホルモンバランスの崩壊が原因なのかを確認することです。

これは、血液検査で調べられます。早発閉経の場合は、エストラジオールの量が3分の1以下に低減しますが、卵巣のクオリティが低下くらいのことなら、激烈な低減はありません。

この結果、早発閉経と診断されると、骨粗鬆症や高脂血症など閉経後に繁殖する病気になる見込みも高まるので、ホルモン補充療法などでコマメにに治療しましょう。

卵巣が劣化し、ホルモンの分泌量が僅かの場合も、それぞれに最良のホルモンの補充やホルモン分泌を促進する薬剤が使用されます。

一方、卵巣機能やホルモンの量には異常がなく、ホルモン分泌が不調な際は、現在の生活改善を真剣に考慮しましょう。

仕事や人間関係のストレス、過激なダイエットや不規則な乱れた生活などをまず、改良することが大事です。

趣味を楽しみ、友人との会話を増やし、極力ストレスを抱えないように配慮しながら、ダイエットも体調が改善するまで待ちましょう。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です