誰にでも起こりえる更年期障害を漢方で改善

私が更年期障害なのでは?と薄々感じ初めたのは娘と車に乗っている時でした。

去年の2月、まだ風も冷たく体の芯から冷えるような時期に、火照りを感じて車を運転していても暑くて暑くて窓を開けずにはいられないほどでした。

今日はちょっと暑いね!窓を開けるよ!と言うと娘が不思議そうな目でこちらをみてきました。

お母さん寒い。暖房入れたいくらいだよ。というのです。

娘は寒がりだから私と体感温度が違うせいだと思いましたが、これは息子と車に乗ったときまた、5歳年下の主人の時も同じことがありました。

もう暑くて火照って、密室に居るといつもお風呂上がりのような気分になってしまうのです。

様々な症状を引き起こす更年期障害

次に現れた症状は不眠です。疲れていたら今までは30分以内で寝れていたほど寝付きのいい体質だったのに、どんなに疲れていても夜中まで眠れず、寝てもすぐに起きてしまったりと、寝付きの悪さがめだってきました。

不眠のせいで日中はだるくて何もやる気がおきず、こまっていました。

この時はこの症状までもが更年期障害の症状にあたるとは考えてもいませんでした。

更年期障害は倦怠感も現れるそうです。私は病院でこれらの症状をはなすと、更年期障害だと診断されました。

50歳を過ぎ、ホルモンバランスが変化してきたことによって引き起こされているようです。

漢方で体質改善

病院の薬を飲むのが一番良いと思うのですが、まずは体に負担の少ない漢方の力を借りようと思い、『ルビーナ』という漢方を1日3回1回3錠のむようにしました。

漢方ということもあり、即効性はありませんでしたが、のみ初めて1ヵ月ほどしたら、血の巡りが改善させたのか、むくみがなくなってきて、節々の痛みが解消されまそた。

そして、お風呂に入ったあとすぐに冷たくなってしまっていた手足の指先もあまり冷えなくなったのか、体の温まりも早く寝付けるようにならりました。効果が出てきたので1年間続けて飲み、すると火照りや身体中カッカする暑さはなくなってきました。

漢方の力を借りましたが、自分は大丈夫だろうと思っても年齢によるホルモンバランスには勝てないと思い、今後もルビーナを飲み続けていこうと思いました。

更年期なんて、自分には関係無いと思ってる方は沢山いるんじゃないでしょうか?

実は私もその1人でした。

私の更年期の始まりはめまいからでした。

ある日突然凄いめまいでビックリしました。

寝ている時にふと目が覚めたら、辺りはグルグル回ってます。

言いようもない気分の悪さ。

そして次から次に色んな症状が。

イライラ、のぼせ、不眠自暴自棄と私を散々苦しめたのでした。

もうこうなると、自分が自分では無くなってしまうのです。

家族や会社の人達、私の周りの人には散々な思いをさせてしまってました。

きっと皆もそんな私にイライラしてたでしょう。

更年期と言う言葉に身に覚えがある私は、ある日すがる思いで婦人科の病院へ行ったのでした。

「先生、私を何とかして下さい。助けてください」と先生にお願いをしてました。

先生は私に色んな質問をしてきました。

そして最後に、「お歳から言って更年期の症状だろうと思われます。」

私「更年期のだと思うので検査お願いします」と、こんな会話がありました。

ま、「血液検査や問診により更年期から来る症状です」と言われ、私は堪忍の如く更年期を受け入れたのでした。

もうこうなたらカミングアウトです。

私の周りの人達には「私は更年期になりました。色々迷惑掛けますがお許し下さい」と発表した所、何だか気持ちが楽になったせいか、全てを更年期のせいにして、逃げたり威張ってみたりして、楽しく過ごす事が出来たのです。

もう今は何も無かったかのように、イライラもせず、良く眠れ走り回るまいにちです。

やはり、何でも受け入れる気持ちが、問題を解決してくれるのだと思うのでありました。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です