更年期でイライラするのは当然?主な対策法を紹介

つらい更年期の症状には様々なものがあります。

のぼせや手足の冷え、イライラしたり憂鬱になるなど精神面での不安定。

身体的にはこの時期に肥満に悩まされるなどもあります。

中でもイライラは日常生活において、本人ならずとも家族や身近な人も巻き込んでしまいます。

この更年期特有の症状を緩和するには、医師の診断を受けて治療をする他に、自分でできることもあるのです。

食生活でイライラ解消

更年期は女性ホルモンの減少により、ホルモンバランスが崩れて自律神経の乱れが引き起こされます。

これが更年期障害の症状として表れるのです。

そのため、更年期障害の改善には、ホルモンバランスと自律神経を整える作用のある栄養素を摂ることが大切です。

大豆イソフラボン:減少しがちなエストロゲンに似た作用があり、豆腐や味噌など大豆製品に多く含まれます。

ビタミンE:ホルモンの分泌を整えたり、血流を良くし、ナッツ類やカボチャに多く含まれます。

ビタミンB1、B12:自律神経の乱れを整えストレス解消に作用し、B1は牡蠣など、B12はレバーや豚肉に多く含まれます。

ビタミンC:イライラ対策にはイチゴやレモンなどを摂ると良いでしょう。

運動による症状軽減

更年期で女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、内臓脂肪が付きやすくなり、肥満になりやすく、新陳代謝も悪くなります。

更年期障害の改善には、食生活と併せて適度な運動が有効です。

肥満解消と体力を向上させることでつらい症状も緩和されてきます。

有酸素運動:体内に多くの酸素を取り込むことでエネルギー消費量を増やして脂肪を燃焼させます。

ストレッチ:年齢と共に体も硬くなりやすいのでしっかりとほぐして柔軟性を保つことで日常生活の不都合を解消し、積極的な活動につなげます。

筋力トレーニング:特に女性は筋肉量が少ないので、筋力を向上させることで体力も付きます。

以上のような運動を心がけると、身体的なつらさも軽減され、また新陳代謝を促すことにもなり気分転換も行うことができます。

自身の体力や活動量が増すと、無理なく日常生活をおくることができるため、精神的なイライラも解消されていくのです。

Continue Reading

更年期は太りやすいって本当?

肥満、肥満症、太っている、メタボ(メタボリックシンドローム)は不健康ですごく病的というイメージがつきものですが、肥満症とメタボと太っているという事実は果たして、まったく同様の意味だと判断されるのでしょうか?

40代から50代の太りやすい時期の更年期女性は、肥満症やメタボ、太りやすい体質が非常に気になります。

更年期障害の女性は太りやすいかどうか?

更年期障害で大変有名なのが、更年期になってから次第に太るようになり、そのことが原因で、周囲から肥満と言われるようになるまで脂肪が溜まって行き、いつの間にかメタボリックシンドロームになってしまったという症状です。

なぜ、更年期になると今まで痩せていた人が太ってしまい、それがいつの間にか肥満体型になり、内臓脂肪が多く溜まった状態であるメタボに体質が変化してしまうのでしょうか?

体脂肪はエネルギー補給や体温維持、内臓の保護のために体にとってとっても大事なものでもあるのです。

肥満と肥満症について

●肥満とは?

肥満とは「正常な状態と比較検討してみて体重が多い」、あるいは「体脂肪が過剰に蓄積してしまった」このどちらかの状態のことを意味しています。

日本肥満学会は、肥満状況を「BMI」を使用して診断します。

●太っているだけで病気かどうかについて

太っていること自体は決して病気ではありません。
しかし、それが原因で何らかの体の不調がある場合には肥満症と診断されます。

●肥満症とは

肥満症とは簡潔に説明すると医学的観点からみて「減量の治療が必要な肥満」のことです。

分かりやすく言うと肥満が原因となる何かの疾患もしくは症状が出ている状況のことなのです。

BMI25.0以上で、さらに肥満に関係している高血圧や高脂血症、糖尿病などの健康障害がある、あるいは、内臓脂肪が蓄積している状態を指しています。

●肥満症 BMIについて

BMIとは、身長からみた体重の割合を示す体格指数のことです。
手軽に調査できるので、肥満を示す基準として広範囲で用いられています。

BMIによる肥満の判定基準は以下のように定められています。BMI25以上の肥満については1から4の段階に分けられています。

•低体重(痩せ型) 18.5未満
•普通体重(標準型) 18.5以上 25未満
•肥満(1度) 25以上 30未満
•肥満(2度) 30以上 35未満
•肥満(3度) 35以上 40未満
•肥満(4度) 40以上

Continue Reading

誰にでも起こりえる更年期障害を漢方で改善

私が更年期障害なのでは?と薄々感じ初めたのは娘と車に乗っている時でした。

去年の2月、まだ風も冷たく体の芯から冷えるような時期に、火照りを感じて車を運転していても暑くて暑くて窓を開けずにはいられないほどでした。

今日はちょっと暑いね!窓を開けるよ!と言うと娘が不思議そうな目でこちらをみてきました。

お母さん寒い。暖房入れたいくらいだよ。というのです。

娘は寒がりだから私と体感温度が違うせいだと思いましたが、これは息子と車に乗ったときまた、5歳年下の主人の時も同じことがありました。

もう暑くて火照って、密室に居るといつもお風呂上がりのような気分になってしまうのです。

様々な症状を引き起こす更年期障害

次に現れた症状は不眠です。疲れていたら今までは30分以内で寝れていたほど寝付きのいい体質だったのに、どんなに疲れていても夜中まで眠れず、寝てもすぐに起きてしまったりと、寝付きの悪さがめだってきました。

不眠のせいで日中はだるくて何もやる気がおきず、こまっていました。

この時はこの症状までもが更年期障害の症状にあたるとは考えてもいませんでした。

更年期障害は倦怠感も現れるそうです。私は病院でこれらの症状をはなすと、更年期障害だと診断されました。

50歳を過ぎ、ホルモンバランスが変化してきたことによって引き起こされているようです。

漢方で体質改善

病院の薬を飲むのが一番良いと思うのですが、まずは体に負担の少ない漢方の力を借りようと思い、『ルビーナ』という漢方を1日3回1回3錠のむようにしました。

漢方ということもあり、即効性はありませんでしたが、のみ初めて1ヵ月ほどしたら、血の巡りが改善させたのか、むくみがなくなってきて、節々の痛みが解消されまそた。

そして、お風呂に入ったあとすぐに冷たくなってしまっていた手足の指先もあまり冷えなくなったのか、体の温まりも早く寝付けるようにならりました。効果が出てきたので1年間続けて飲み、すると火照りや身体中カッカする暑さはなくなってきました。

漢方の力を借りましたが、自分は大丈夫だろうと思っても年齢によるホルモンバランスには勝てないと思い、今後もルビーナを飲み続けていこうと思いました。

更年期なんて、自分には関係無いと思ってる方は沢山いるんじゃないでしょうか?

実は私もその1人でした。

私の更年期の始まりはめまいからでした。

ある日突然凄いめまいでビックリしました。

寝ている時にふと目が覚めたら、辺りはグルグル回ってます。

言いようもない気分の悪さ。

そして次から次に色んな症状が。

イライラ、のぼせ、不眠自暴自棄と私を散々苦しめたのでした。

もうこうなると、自分が自分では無くなってしまうのです。

家族や会社の人達、私の周りの人には散々な思いをさせてしまってました。

きっと皆もそんな私にイライラしてたでしょう。

更年期と言う言葉に身に覚えがある私は、ある日すがる思いで婦人科の病院へ行ったのでした。

「先生、私を何とかして下さい。助けてください」と先生にお願いをしてました。

先生は私に色んな質問をしてきました。

そして最後に、「お歳から言って更年期の症状だろうと思われます。」

私「更年期のだと思うので検査お願いします」と、こんな会話がありました。

ま、「血液検査や問診により更年期から来る症状です」と言われ、私は堪忍の如く更年期を受け入れたのでした。

もうこうなたらカミングアウトです。

私の周りの人達には「私は更年期になりました。色々迷惑掛けますがお許し下さい」と発表した所、何だか気持ちが楽になったせいか、全てを更年期のせいにして、逃げたり威張ってみたりして、楽しく過ごす事が出来たのです。

もう今は何も無かったかのように、イライラもせず、良く眠れ走り回るまいにちです。

やはり、何でも受け入れる気持ちが、問題を解決してくれるのだと思うのでありました。

Continue Reading

更年期に大切なのは家族の協力、家事も協力して分担すること

更年期は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって、身体がだるくなったり、精神的に落ち込んだり、生理がひどくなったり、汗が急に噴き出したりと、多くの症状が出ます。

この症状は、男性には理解が難しく、家事の手抜きと思われてしまうことも多くあります。

そんな時、家族には、今、身体にどのような症状があるのかを伝えましょう。

そして、家事ができない時の対応を話し合いましょう。

解決はすぐにできなくても、穏やかにみんなが見守ってあげることが大事です。

更年期は、できないことを深く考えないこと

更年期の時に、できないことを、深く考えていると、うつになりやすくなります。

できないことは家族に話し、手伝ってもらったり、明日でも大丈夫なら、そうしましょう。

今までできたことを数えるよりも、今を乗り切ることが大事です。

子供がいる場合は、子供とおしゃべりをして、気を紛らわせることができれば、症状が和らぐ場合があります。

うつになることが心配なら、サプリメントを利用することも大事です。

精神的にもサプリメントは安心の源になってくれます。

女性ホルモンに効果のあるサプリメントは、精神的な症状にも効果があるので、利用する方が多く、評判もいいです。

精神的な症状は、他の人にはわかってもらえば位部分が大きく、サプリメントは大きな助けになります。

更年期に大事なのは、更年期障害を知ること

更年期は、大体のイメージはありますが、実際になってみると、とても大変です。

急に涙がこぼれてしまうこともあり、精神的にとても参ってしまう症状が多くあります。

家族での対応によって、更年期の症状が和らぐことはありませんが、精神的・気持ちがとても和らぎます。

更年期は期間限定の障害です。

女性なら誰でもある経験です。

症状を話し合ったり、聞いてもらうことで、他の症状を知り、備えることもできます。

更年期は、家族みんなが更年期というものを理解してあげることが一番大事です。

Continue Reading

つらい更年期。私が乗り越えたおすすめのサプリ

40代手前のある日、もう夏は終わったはずなのに、なぜかずっと熱い。汗も止まらない。

気が付いたら周りはみんなジャケットをはおったり、カーディガンをはおったりしているのに、私だけがなぜかいまだに薄手のシャツ一枚でした。

おかしいなと思い、母に相談したところ更年期じゃない?私もあなたの年齢くらいから始まったのよ。と、勧められたのが、小林製薬の命の母です。

試してみるだけ…

自分が更年期だと認めたくなかったというのもありますし、ただ熱いだけだったのでそんなに気にもしていませんでしたが、もうすぐ冬になるというのに私だけ薄手のシャツなんてやっぱり恥ずかしいと思い、ますば試しに飲んでみることにしました。

まず、最初に粒が小さくて飲みやすいと思いました。

飲みにくいと続かなかったりすると思いますが、これなら続くかなと思ったのが最初の印象です。当たり前ですが、飲んですぐ改善なんて即効性はないです。

しばらく飲み続けて、気が付いたら肩凝りが気のせいか和らいでいる気がしたのです。

そして、一瓶飲み切るかどうかの時に、そういえば汗かいてないかもと思ったのが効果を感じた時ですね。

もともと頭痛もちだったのですが、そういえば頭痛薬もしばらく飲んでいませんでした。今思えば、頭痛や肩こりも更年期の一種だったのかもしれません。

私にとっての命の母

最初は、試しになんて軽い気持ちで飲み始めました。進めてくれた母の手前、飲み切らないとまずいかな?なんていう気持ちもありましたし。

ですが、飲み始めて、気が付いたら長年悩まされていた頭痛や肩こりという体の不調が和らいでいるのです。

もしかしたら、しばらく前から更年期だったのかもしれませんね。

粒が小さく飲みやすいためか、今となっては、欠かせないものというか、むしろ毎日の習慣になっています。

更年期かな?と気になった人は、試しに飲んでみる価値はあると思いますよ。

Continue Reading

更年期を健やかに過ごしたいと思っている方おすすめのサプリ

私が更年期だと思ったのは45を過ぎたころくらいからでした。

仕事のストレスで眠れない。職場の対人関係に悩んでイライラしたり過食症になったり生理不順になったりそのころからアトピーや筋肉痛もひどくなってきました。

上半身はほてっているのに下半身は信じられないくらいに冷えていて大変でした。

私の場合は膠原病ほどではないのですが抗核抗体も普通の人よりかなり高い数値でしたのでストレスで寝込んでしまうことも多々ありました。

そんな状態から少しずつ変わってきたのはサプリをいろいろ試すようになってからです。

サプリ嫌いな方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、特におすすめしたいのは プラセンタのサプリです。

プラセンタは最近では非常に多くのメーカーが販売されており何を選んでいいのか、戸惑われるかと思いますが、プラセンタはいろいろお試しが無料で試せるメーカーさんもあり試してみて自分にあったものを飲まれたらいいと思います。

ただ私の経験からプラセンタの高いものが絶対いいとも思えず、安価であってもメーカーさんがCMなど余計な費用をかけずに、とても安価な良心的なお値段で販売されているものも楽天さんやアマゾンさんでは多く見受けられクチコミなど参考にして買われるのがよいかと思います。

私はプラセンタと出会ってからは寝込むことがほとんどなくなりました。不思議なくらいにです。

そしてアトピーや筋肉痛など免疫が弱いひとには是非お勧めしたいサプリそれは先日TVでも話題になっているLPSです。

こちらは少々お値段的には高いものですがどうしても体調が優れないときだけでも飲むと一瞬にして治ります。これは現代人には必須なサプリだと思いました。

こちらを飲むようになってからは免疫が強くなったせいか風邪をひきそうになっても翌日は治っていることが多くなりました。

他にもDHAのサプリもおすすめですし ビタミンEやビタミンCも日々摂取したいものです。

アミノ酸で更年期になると不足してくるものはL-リジンというアミノ酸がありますがこちらヘルペスや帯状疱疹に効き目があるものなのですが 脱毛や髪の毛のハリコシがなくなるのを防いだりまつ毛の育毛促進にも効果のあるサプリでもちろん更年期にお勧めのサプリです。

L-リジンはなかなか日本では一般に市販されているところが少なくて販売されていても結構お高いものですが、アマゾンで安価なものを求めることができるので是非利用されるといいと思います。

プラセンタとリジンとLPSは素晴らしい効果があり 不眠症やイライラ感 そして体調不良からかなり改善されました。リジンを飲むようになってからは髪の毛のコシも出てきており サプリメントで健やかに過ごすことができるようになりました。ひとりひとり何があっているかいろいろお試し価格で試してみたりモニターに参加してみたりすることもよいと思います。

Continue Reading

若年性更年期障害の原因と治療方法について

若年性更年期障害は、大きく3つの経過があります。

1つ目は、 (早期)閉経後、更年期障害の症状が出る場合と、2つめは、若年性更年期障害の症状が出た後に、(早期)閉経してしまう場合、そして最後に3つ目が若年性更年期障害の症状が出た後に、病気と月経が改善する場合です。

若年性更年期障害は早期閉経と密接な関係があり、 できるだけ早く医師の診断を受け、同時に日頃の不規則で乱れた生活の改良にも努めるようにしましょう。

若年性更年期障害の原因とは

現代では、男女平等が謳われ、女性も男性と同等に仕事をこなし、休日出勤や、残業など、精神的にも肉体的にもストレスがすごくなってきました。

また、現代生活の状況が、大きなストレスを惹起するそうです。

女性の体は繊細です。女性ホルモンの分泌は、卵巣のみではなく、脳との関係が強いです。

脳の視床下部から脳下垂体に指令が届き、卵巣を刺激するホルモンが分泌されるからです。

視床下部は自律神経の中枢です。

ストレスがあると、自律神経の作用が崩れ、ホルモンバランスも不安定になり、多種多様な症状が惹起します。

自律神経失調症も更年期障害も同様で、その原因は、エストロゲン、つまり女性ホルモンの欠乏や不足があるかどうかが、大差だと思います。

また、過度のダイエットや不規則な食生活も深刻な問題です。とかく体が栄養不良状況に陥りメンスが停止します。

これを、体重減少性無月経と言います。また、きついスポーツもメンスがストップする起こりとなります。

若年性更年期障害の治療方法

無月経は、長期間ほったらかすと、治療をしても回復しなくなることがあるので、早期治療が肝心です。

まず、重要なことは早発閉経なのか、卵巣の劣化やホルモンバランスの崩壊が原因なのかを確認することです。

これは、血液検査で調べられます。早発閉経の場合は、エストラジオールの量が3分の1以下に低減しますが、卵巣のクオリティが低下くらいのことなら、激烈な低減はありません。

この結果、早発閉経と診断されると、骨粗鬆症や高脂血症など閉経後に繁殖する病気になる見込みも高まるので、ホルモン補充療法などでコマメにに治療しましょう。

卵巣が劣化し、ホルモンの分泌量が僅かの場合も、それぞれに最良のホルモンの補充やホルモン分泌を促進する薬剤が使用されます。

一方、卵巣機能やホルモンの量には異常がなく、ホルモン分泌が不調な際は、現在の生活改善を真剣に考慮しましょう。

仕事や人間関係のストレス、過激なダイエットや不規則な乱れた生活などをまず、改良することが大事です。

趣味を楽しみ、友人との会話を増やし、極力ストレスを抱えないように配慮しながら、ダイエットも体調が改善するまで待ちましょう。

Continue Reading

更年期サプリの救世主プラセンタを詳しく説明

この10数年で更年期に悩まされている女性の方が増えてきました。

しかも、高齢の人ではなく30代〜40代の人達で、身体の偏重だけでなく心と身体のバランスが崩れて普段の生活を送ることさえ厳しいのです。

これらの悩みを解決するために、どのようなことをしていけばいいのでしょうか。

更年期の原因は?

更年期の大きな原因は、女性ホルモンのバランスの崩れから来ると言われています。しかし、何故バランスが崩れてしまうかは、断定することが難しい状況と思われます。

人間関係を上手に維持していこうと振る舞ったり、仕事をそつなくこなしていこうとすると、それだけで自分でも気づかないほどのストレスが蓄積されてきます。

それが一番の原因かもしれません。若年世代の更年期障害はそうした現代社会の特有の病気だと言わしめる人もいるくらいです。

プラセンタに注目

最近の産婦人科に訪れる患者さんの中には、プラセンタの注射を目的とした人も少なくありません。

それは疲労回復はもとより、更年期障害で精神状態が不安定になっている人にも一定の効果があるからのようです。

プラセンタとは?

プラセンタは、女性の胎盤から抽出されたエキスで色々な効能があるとして、最近とても注目されています。

美容効果に注目されて、美肌効果や免疫不全の改善、疲労回復効果が期待されているのですが、更年期障害についても、効果があるとして、産婦人科を中心に訪れるが人が絶えないのです。

美容麺では、プラセンタがサプリメントタイプで発売されるようになってからは、これも飛ぶように売れています。

健康面だけでなく美容面においても効果があるのなら、女性が意識することは無理もないことです。

ただ、更年期を迎えて悩んでおられる方々にとっては、美容面はもとより、精神的なケアが重視されなければなりません。

したがって、プラセンタの注射をすることも適切で正しい専門医の診察と処方を受けて、初めて効果的な結果を得ることができることを忘れてはならないのです。

Continue Reading